発毛と生活習慣にはタブーが多い?意外と知らないNG行為とは?

発毛を促すためには、やってはいけないと言われている方法が
いくつかあり、生活習慣病と発毛には深い関係があるといわれています。

発毛を促進する方法と平行して、
髪の毛によくないことをしていては元も子もありません。

お酒の飲みすぎは発毛にとって良くありません。

飲酒そのものが髪の毛によくないというのではないのですが、
一定量を超えた酒量によって血液循環が悪くなるのです。

それだけではなく、肝臓を飲みすぎることによって酷使し続けると、
髪の毛を構成しているたんぱく質が十分に作られなくなってしまいます。

お酒を飲みすぎないように気をつけて健康な頭皮を維持しましょう。

科学的に喫煙そのものが髪の毛へ及ぼす影響は実証されてはいませんが、
タバコの吸いすぎも発毛にはよくないのです。

血管を収縮させ、新しい髪の毛をつくるための栄養が行き渡らなくなってしまいます。

それで発毛に悪影響だといわれているのです。

過度のお酒とタバコは発毛だけでなく健康にも悪いので
普段の生活習慣から見直すようにしましょう。

発毛にとって睡眠不足は悪影響です。

反対に午後10時~深夜2時ごろによく眠るようにすると、
末端の細小動脈が拡張して新陳代謝が活発になるので、
これは発毛にとって大変良い生活習慣だといえます。

つまり髪の毛は夜によく成長するということです。

過度のストレスは血管の収縮をさせ、脱毛の原因になってしまいます。

また血管を収縮し頭皮の栄養が行き渡りにくくなる原因となりますので、
ストレスは発毛にとってよくないものなのです。

普段の生活習慣においてストレスを発散させることが発毛のためには大切です。

どんな方法でもいいのでストレスを発散するようにしましょう。

発毛のために良い生活習慣を心がけることで健康にもつながります。
よく眠り、バランスの取れた食生活をし、ストレスをなくすようにしましょう。